勝どき・晴海・月島・豊洲のマンション売買・賃貸なら弊社にお任せください。

湾岸地域(勝どき・晴海・月島)の賃貸マンションや売買のご相談なら

HOMELAND REALTY CO LTD

〒104-0054 東京都中央区勝どき2-18-1-1123号

受付時間:9:00~18:00(祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

03-6204-2319

代表者ごあいさつ

代表取締役 白山 勇二

はじめまして HOMELAND REALTY株式会社代表の白山(しろやま)と申します。約8年前に勝どきに住み始め、現在は月島に住んでおりますが、この中央区湾岸エリアは運河に面していて水と静けさを感じることができ、歩道が広く、治安もよく、住むには最高の環境だと思います。また居住者としてこのエリアの開発のスピードの速さには驚きを隠せません。

私はもともと不動産業界出身ではありません。不動産ビジネスに参入する以前は普通のサラリーマンでした。勝どきのマンションが子供の成長により手狭になったことで隣町の月島にマンションを購入しようと思い、いくつかの不動産会社に問い合わせましたが、その時に住み替えを躊躇した理由は不動産仲介業者に支払う仲介手数料があまりにも高額なことでした。それ以来顧客の目線に立った料金体系ができればいいのにとの思いを抱き、不動産会社を開業した今も同じ気持ちでおります。 一般的な不動産会社は不動産売買において必要なのは信頼・スピード・経験だと全面に主張します。確かにそれは正しいのですが、買い手にとって最も関心のあるのは「コスト(初期費用)をどう抑えられるか」ではないでしょうか。

大きな不動産取引となると全体的な売買額が大きいだけに、仲介手数料も必要諸費用として数千万円という大きな金額にカモフラージュされ、その高額という名の枠の中にすっと入り込んでしまい、仲介手数料を含む不動産売買はどうせ高額だという半ばあきらめた認識をもっている方は少なくないと思います。または不動産購入は「一生に一度の大きな買い物=一種のお祝い事」と考え、コストセーブをすることにためらいを感じることもあるのではないでしょうか。

仲介手数料の法定上限3%*¹というのは不動産仲介業者間で作り上げたある意味で誰も踏み込むことのない聖域のようなものだと思います。そういうものだから仕方がないと、初めから諦めていませんか?実際はあきらめる必要はないのです。なぜなら3%はあくまでも上限なのですから。不動産会社はそれだけに固執したサービスを展開する必要もありませんし、お客様はそれが上限で法律で決められたものだと諦める必要もないのです。

弊社では法定上限の3%*¹に縛られることなく、それぞれの取引タイプに応じて仲介手数料を決定しております。弊社はお客様の立場に立ったサービスを目指して、これからも努力を続けていきたいと思います。

*¹ 価格が400万円を超える場合は売買価格 ×3%+6万円+消費税

資格
  • 宅地建物取引主任者
  • TOEIC 870
  • ファイナンシャル・プランナー3級
経歴
  • 2013年2月 HOMELAND REALTY(株)設立
  • 2008年10月 野村證券 人事部
     

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6204-2319

受付時間:9:00~18:00(祝を除く)